アフラック新EVERやオリックスCURE、医療保険加入で80万円損をする?自分にあった保険選びのヒント。
アフラック新EVERやオリックスCURE、医療保険加入で80万円損をする?自分にあった保険選びのヒント。 > 保険金が下りないがん保険?アフラックDaysとオリックスビリーブを比較してみる

保険金が下りないがん保険?アフラックDaysとオリックスビリーブを比較してみる

2人に一人ががんになる時代。
がんは治る時代。
がんを治すには治療費のかかる時代。

だから安心のがん保険。


そんなコマーシャルをしょっちゅう見かけます。

だからこそ、

がんになったら、本当はいくら保険金が出るのか?

ってことをチェックしないといけません。
代表的ながん保険をもとに、チェックしてみます。
(アフラックの「新生きるためのがん保険」、オリックス生命の「ビリーブ」、東京海上日動のがんほけん)


チェックポイントは以下の3つです。

1.早期がん(上皮内がん・上皮内新生物)でも、保険金がおりるか?
2.再発がんでも保険金がおりるか?
3.がん保険に加入してすぐにがんが見つかったら保険金がおりるか?
4.値段を比較してみると

※入院日数よりも、がん保険には一時金が大事だと
わたしは思ったので、
一時金を中心に比較しています。


1.早期がん(上皮内がん・上皮内新生物)でも保険金が下りるか?

がんの診断をされたときはかなりのショックを受けますが、
「早期のがんなので心配ないですよ」と言われれば少し安心します。

でも、

「早期のがん」だと思ったより保険金が下りない場合があります。

アフラック新生きるためのがん保険
hajimete-gan.png

アフラックの「新生きるためのがん保険」は、

がんの場合100万円出る一時金が、
上皮内新生物の場合10万円になります。
(※金額は掛け金によって異なります)

オリックス生命の「ビリーブ」の場合
believe.png

オリックス生命の「ビリーブ」は
上皮内がんでもホンモノ(?)のがんでも、
入院日額10,000円の保険であれば
100万円の入院給付金が出ます。



再発がんでも診断給付金が出るか?

アフラックの「生きるためのがん保険Days」は、
一時金が出るのは初回のみです。


days-saihatu.png

ただし、上皮内がんで1回、ホンモノのがんで1回づつは
受け取れるようですね。

また、
どうしても回数無制限で診断給付金を受け取りたいというのであれば
特約をつけることが可能です。


一方、オリックス生命の「ビリーブ」は、

believe-nandodemo.png

同じように一時金がでるのは初回のみですが、

2年あけてガンが再発した場合・他のガンがみつかった場合は
「がん治療給付金」という名称で、
一時金の50%の保険金が給付されます。

この回数は無制限。

つまり、2年間があいていれば、何度でもがん治療給付金を受け取ることができる保険です。



3.がん保険に加入してすぐにがんが見つかったら保険金がおりるか?

保険の契約が満了し、
保険金を支払う義務が発生する日にちのことを

責任開始日

といいます(保険用語です)。


この「責任開始日」も、保険会社が個々に定めているので
各社に少々違いがでてきます。


アフラックのがん保険Daysでは


「告知」および「第1回保険料の振替」がともに完了した日(保険期間の始期の属する日)から3カ月を経過した日の翌日を「責任開始日」とし、その日から保障を開始します。


としています。


オリックス生命 ビリーブでは


責任開始日は、告知日もしくは当社が申込書類を受領した日*のいずれか遅い日になります。


と定めています。


告知(または告知日)とは、利用者が申込書の告知書を記入し終わった日、
受領した日はその申し込みをしてオリックス生命側がそれを受け取った日ということになります。


アフラックのがん保険Daysでは、
1回目の払い込みが追わないと責任開始(保険会社が保証を始める)とならないのに対し、

オリックス生命のビリーブでは
書類の手続きが完了すれば責任開始となります。


細かいところではありますが、
どちらも加入してからだいたい3か月の間は

がんと診断されても給付金が出ない期間

ということになります。



お値段を比較すると

以上の内容で40歳男性の場合、

アフラックがん保険Days:4,310円

オリックス生命 ビリーブ:3,710円


です。一見、何度も入院給付金が出るオリックス生命のほうが逆に安く見えますが
アフラックの保険には 通院特約 がついているのに対し、
オリックス生命のほうはついていません。


がん保険も医療保険と同じように、

コマーシャルの雰囲気に流されず、
自分の必要なものを洗い出してから比較する

という作業が必要なようです。


基本的に「がんになりそうにない若くて健康な人は安く、

がんになってしまいそうな年齢の人は高い設定」

になっています。


月々5000円程度、というかもしれませんが
1年では6万円になり、

それを10年も支払うと
60万円になってしまいます。

がんに備えるのであれば、
60万円の現金でもっていたほうがいい、
という考えも間違ってはいません。

自分に何が必要か、

を、プロの意見を参考にしながら
自分自身で結論づけることが大切です。

FPさんの話は大きなヒントにはなると思いますが
FPさんも商売で相談を受けているのです。

自分で納得するまで話をきいてみるといいと思います。

 

スポンサードリンク

Topics

【概要】2人に一人ががんになる時代。 がんは治る時代。 がんを治すには治療費のかかる時代。 だから安心のがん保険。 そんなコマーシャルをしょっちゅう見かけます。 だからこそ、 がんになった…

【NewTopics】 ご存知と思いますが、 2013年の8月にアフラックから「ちゃんと応える医療保険EVER」が、 9月に・・・新しい保険が発売されて。

menu

カテゴリー

お問合せ
保険マンモスへ取材にいきました
Copyright (C) 2011 アフラック新EVERやオリックスCURE、医療保険加入で80万円損をする?自分にあった保険選びのヒント。. All Rights Reserved. [admin]