アフラック新EVERやオリックスCURE、医療保険加入で80万円損をする?自分にあった保険選びのヒント。

リビングニーズ特約とは

リビングニーズ特約とは余命6か月以内と判断されたとき、死亡保険金の全部または一部を生きている間に受け取ることが出来る特約です。

リビング・ニーズ特約については特約保険料はありません。生前給付金ともいいいます。

特徴は以下の通りです。

  • お支払いする保険金に税金はかかりません
  • 上限3,000万円です

生前給付金を支払ったときは、これと同額の死亡保険金が減額されたものとされる

3000万円の保険にはいっていて1000万円分をリビングニーズ特約を使ってに受け取ることにしたら、死亡したときは残り2000万円が支払われます。

また保険金が払い済みになっていなければ(保険金を払っている状態であれば)残っている保険金の毎月の支払は続けなくてはいけません。

リビング・ニーズ特約による保険金を被保険者、被保険者の配偶者もしくは直系血族または生計を一にするその他の親族が受取った場合は非課税となります。

余命を本人に知らせたくない場合

ただし、これは被保険者本人が余命を知りたくないというケースではちょっと難しいです。

NKSJひまわり生命の説明によれば

「リビング・ニーズ保険金は、被保険者様ご本人が受取人となるため、原則、被保険者様にご請求のお手続きを行っていただきます。
ただし、被保険者様が請求手続きを行うことができない事情(例えば、病状が重く意識不明の状態であったり、被保険者様に余命6カ月以内であることを告知していない場合など)がある場合は、指定代理請求特約であらかじめ指定している指定代理請求人の方がお手続きいただけます。

とのことですので、この特約をつける場合は「指定代理請求人」を決めておかないといけないようですね。

また、リビングニーズ特約で保険金の支払をうけると、その後支払う保険料がかわってくる(3000万円のうち1000万円を先に支払ってもらうと、月々支払っていた保険料が変わってくる可能性がある)かもしれないことも知っておくといいでしょう。

なお、指定代理請求人は被保険者の戸籍上の配偶者か被保険者の3親等内の親族となっています。

 

スポンサードリンク

Topics

【概要】リビングニーズ特約とは余命6か月以内と判断されたとき、死亡保険金の全部または一部を生きている間に受け取ることが出来る特約です。 リビング・ニーズ特約については特約保険料はありません…

【NewTopics】 ご存知と思いますが、 2013年の8月にアフラックから「ちゃんと応える医療保険EVER」が、 9月に・・・新しい保険が発売されて。

menu

カテゴリー

お問合せ
保険マンモスへ取材にいきました
Copyright (C) 2011 アフラック新EVERやオリックスCURE、医療保険加入で80万円損をする?自分にあった保険選びのヒント。. All Rights Reserved. [admin]