アフラック新EVERやオリックスCURE、医療保険加入で80万円損をする?自分にあった保険選びのヒント。

がん保険の治療費~抗がん剤入院治療実録

私立大学病院に母が入院した際のがんの治療費(抗がん剤投与で入院したときの1か月の費用)の実録です。
がん保険の給付も受けています。

がん、闘病中です。

実は、実家の母ががん闘病中です。
発覚したのは5年前、以来 手術→抗がん剤治療→経過観察→再発→抗がん剤治療と 経過をたどっています。

思うところは色々あるのですが、
ここでは

抗がん剤治療の入院をすると1回いくらかかるのか?

ということをご報告したいと思います。

今回のケースは、再発がんに対する治療

がんの治療は、症状によって様々です。ですから、「がんになったらいくらかかるんだろう?」という質問をされたとしても、「だいたい 〇〇円くらいです」と答えることはできません。

あくまで "こういうケースがありました" という参考にしていただけるとうれしいです。

■ 母の病状 ■

tenteki.jpg
5年前にがん性の腹水と胸水による体調不良によりがんが発覚。

正常大卵巣がん症候群との診断されました。

ガンのステージは胸水まで確認されることから(転移あり)、ステージは4。

原発がどこかははっきりしないが、卵巣がんに準じた治療が有効とのことで、
DC療法という、ドセタキセル、カルボプラチンという薬剤による治療をしました。

幸いなことに奏功し、元気になることができました。

しかしまる3年が経過したところで
CA125の数値が上昇傾向に。
再発抗がん剤の治療をはじめることになりました。今回の領収書はその6回目。

DC療法6回目の治療費の領収書です。 6日間の入院をしました。

ryousyuusyo.jpg tiryouhi2.jpg

今回は個室を使いました。

請求書の金額は以下の通りです。

一部負担金 80,397円
食事代 5,200円
室料 152,000円
消費税 7,600円
合計 245,200円

高額療養費制度

保険点数を見ると、今回の治療は 「包括評価」 として 29,490点になっています。

包括評価とは、治療の際に 点滴1本いくら、レントゲン1回いくらと回数で値段を計算するのではなく、今回の治療についてはだいたいこれくらい、と大枠(点数)を決めて行う治療です。

ですから、レントゲンを何枚撮ろうと、CTを何回撮ろうと、この点数の中で行われます。

1点につき10円ということですから、29,400点というのは294,000円ということになるのでしょうか。

ですが、実際の負担金は高額療養費の適用を受けて、80,397円でした。

治療の回数は・・・

治療の回数は主治医と相談して決めますが、今回はマーカーの下がり具合をみながら6回の投与の計画でした。

だいたい1か月に1回の投与を半年間行いました。

ですから、今回はこの金額×6回の費用がかかっています。

室料について

いわゆる差額ベッド代です。

母はがん保険に加入していましたので、差額ベッド代を支払うことができました。

差額ベッドを使うかどうかは、その人の考え方にもよるので一概には言えませんが、母の場合は個室に入院できてよかったと思っています。

1か月の治療にかかったお金

治療費は、入院費だけではありません。

今回、退院したあとは白血球増強のためのノイトロジンの注射に3回通っています。それが一回4,000円ほど。

退院して10日後に主治医の診察を受けています。そのとき漢方薬も出してもらったので、その時の費用が約2,000円。

治療に関して、病院以外にかかるお金

金額は小さいですが、結構かかるのが、交通費。

通院は車でしていましたがそれにかかるガソリン代や駐車場代。

それから、お見舞いに行く私たちがちょこちょこ使うお茶代とか(^^;)

やはり普段の生活とは違うので、留守番をする父もお惣菜を買ってきたりそういうこまごましたお金が結構かかるなと思っています。

◆がん保険について、思うこと◆

母は、がん保険に一年間6万円ほど支払っていました。

ずいぶん高いから解約しようと思っていた矢先に調子が悪くなってがんだと診断されました。

時々母と 「モトはとれたわね」 と笑いながら話すのですが、
確かに母の場合はガンになったのでモトを十分とれました。

(ちなみに同じように加入している父はガンとは無縁なのでモトはとれていません。とれないままでいてほしいです)

医療保険やガン保険に何を求めるのか?は人それぞれ違ってくると思いますが、

私は一時金の存在って大きいなあと思います。

入院した日数・通院した日数に限らず、がんは治療に時間がかかるし、そのためのこまごましたお金は結構かかります。

※一応カツラも買いましたし、付け心地のよい帽子、通院時のひざかけ、入院しているときに使う肌触りのいいパジャマやタオル・・・

この経験を踏まえ、わたしは通院日数や治療費を基準にした保険ではなく、一時金の金額を考慮+再発でも支払ってもらえるがん保険を選びました。

がん保険や医療保険は「入らない」という選択肢も含めて、万一の事態に自分がどこまでのケアを望み、資金をどう用意しておくかが重要なんだなと思いました。

・・・といっても私もまだまだ、自分の家計がキチンとできていないのですけどね(^^;)

もしお身内の方が同じような病状の方で、何かご質問があれば toremoro@hoken-minaoshi.jp へお気軽にどうぞ。わかる範囲でお答えします。

 

スポンサードリンク

Topics

【概要】私立大学病院に母が入院した際のがんの治療費(抗がん剤投与で入院したときの1か月の費用)の実録です。 がん保険の給付も受けています。 がん、闘病中です。 実は、実家の母ががん闘病中で…

【NewTopics】 ご存知と思いますが、 2013年の8月にアフラックから「ちゃんと応える医療保険EVER」が、 9月に・・・新しい保険が発売されて。

menu

カテゴリー

お問合せ
保険マンモスへ取材にいきました
Copyright (C) 2011 アフラック新EVERやオリックスCURE、医療保険加入で80万円損をする?自分にあった保険選びのヒント。. All Rights Reserved. [admin]